coco de class ナチュラル花雑貨とウェディング小物 

花空間スタイリスト大久保なおみのブログです。「毎日の暮らしにあったらいいな」をコンセプトに                                                  心がほっと和むお花たち。フォトジェニックな花空間スタイリング。 

心が表現される子どもたちの絵

あたたかな1日でした
庭のセアノサスという低木も
もうすぐ青い花が咲きそうで…
みなさんに
とってもどこで買ったのですかぁ?
たくさん聞いて頂いています

もうすぐ咲きそうですよ~
みんな見に来て下さいね♪


今日の教室は
空間とカラー子ディネートについての講義
また、いつもブログに書いています
季節のお話のテキストも開いて

こちらはお約束していた
移転のお祝い

2011041601.jpg

わ~春だわぁ
なんてお話しながらも

やっぱり
今日も怖かったねー
友達の子がストレスからじんましんで
夜泣きがひどくて

そんな子どもたちの心の悲鳴を
たくさん聞いています

大人だって怖いので
子ども達はもちろんでしょう

小さい子はまだ
地震のこと
津波のわけ
そんな説明をしても
理解出来ずに
心の中に
恐怖をためているようです





ちょっと子どもの絵について

お店をスタートする前は
子どものアトリエとして
長いこと教室をしていたり
外部のPTAや団体に伺って
色彩心理の講演をしていました

そちらは色彩心理を応用したアトリエで
指導を全くしない自由創作の場所です

色水あそびや
やわらかな紙粘土
大きな紙など
いっぱいの材料の中から
自由に材料を選んで
遊ぶ場所

青山にある「色彩学校」で
色彩心理を育児に活かすような
子どもの絵の読み解きを
数年通い勉強したのは
娘が赤ちゃんの頃から

もともと色の講師をしていたので
母になることによって
何か色を育児に活かせないかなぁ~と
思ったのがきっかけでした


同じ卒業生たちは
阪神大震災の際や
池田小学校の事件後に

子どもの心のケアとして
ボランティアで活動していたのは
テレビなどでも紹介されています

今も友達からメールが来ました
小学生でも
とてもおびえているよう

言葉が未熟な子どもたちは
心の中の叫びを
絵によって表現したり
色でメッセージを伝えてくることがあります

そして、辛い経験などをした子は
絵を描くことによって

吐き出す!

すばらしい効果があります

ニューヨークのテロ事件の時も
世界中の子どもたちが
同じようにビルに飛行機がぶつかる絵を描いて

実際に私のアトリエに来た
幼稚園児も同じような創作をしていました



大人はそんな不気味な絵は
描かないで~
そんな事を言ってしまいがちですが

全く反対なんですよ~♪

どんどん!
描いた方がいいんです

大人は地震疲れたよね~
そんなおしゃべりで
ちょっとすっきりしたりしますよねー

子どもたちは描くことで
同じ作業をしています




たくさんのみなさんから
電話やメール
またお逢いして

子どもたちが…との声を

よし!

ちょっと待っててね~
子どもたちのワークショップ
イベントをちょっと計画してみます♪

出来れば場所も広いところで
来週からちょっと動いてみますので
みなさん、もうちょっと待っててくださいね~



スポンサーサイト
  1. 2011/04/16(土) 18:32:38|
  2. カラーコーディネート・色彩心理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<花詣 | ホーム | 豊作を願って桜を>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cocodeclass.blog28.fc2.com/tb.php/1155-3687dd98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)