coco de class ナチュラル花雑貨とウェディング小物 

花空間スタイリスト大久保なおみのブログです。「毎日の暮らしにあったらいいな」をコンセプトに                                                  心がほっと和むお花たち。フォトジェニックな花空間スタイリング。 

陸前高田市仮設住宅に伺いアーティフィシャルフラワーを体験して頂いて

18日、19日と岩手県の被災地へ伺いました
ひとり新幹線で向かった仮設住宅

岩手の人々はとっても温かかったです

2013032105.jpg

私の住む茨城でも
ライフラインが全て止まり
スーパーではジュースとお菓子を買うだけに
何時間も並ぶ日々でした

そんな中「食」の分野の皆さん達は
店先で食べ物を販売してくれたり
被災地まで出かけて行く方々
あの時はやはり食べ物が必要でした

その当時には私に出来ることは見出せず
何か出来たらなと思っていました

2年が過ぎ
今からなら、お花を通して
ちょっとだけ「楽しかった」
そんな気持ちになって頂けるかもしれない
そう思いながらも
初めてのことで私も不安もありました

新幹線で向かった岩手は
一関で降りてからも遠い所でした
電車もまだ不通の所もあり
いくつか乗り継いで気仙沼まで

2013032107.jpg

バスに乗り
陸前高田市まで向かう間には
何もない大地がずっとずっと続きます
以前は全部宅地だった場所です

朝、茨城を出て
到着したのは18時頃

現地で一緒に活動させて頂いた
京都、福岡、東京、偶然にも茨城の方もいらして
フェイスブックで繋がったご縁から
一緒に活動をさせて頂きました

1日目の大船渡仮設住宅に到着した18時ごろには
アロマテラピーのマッサージには
たくさんの方が訪れて

何かお手伝いすることはありますか?
現地のコーディネーターの方から
「待ち時間を皆さんとお話をしてあげて下さい」
そう言葉を頂いたけど
「何をお話ししたらいいかな」

普段ならおしゃべりな私ですが^^
震災に合い辛い思いを抱え
それぞれの方がどのような出来事があったのか
私はここでの生活のことも全く分からない
失礼なことを言ってしまったら…
など、いつもの私のようにはなれず
ひたすら片づけのお手伝いをした初日の数時間
今日は何も出来なかったな…と




翌日は陸前高田市の仮設住宅へ
少しだけ準備して行った
小さなアレンジメントの材料


今日は大丈夫かな
楽しんで頂けたらいいな
そう思いながら
準備をしていると

これはな~に?
やってもいいの?
わ~♪こんなことするの久しぶりだわ~

2013032108.jpg


準備の段階から
本当にたくさんの方に集まって頂き
わいわいと楽しい小さなお花作りの時間に♪
私もいつも通りに^^おしゃべりいっぱい

皆さんとっても
温かな笑顔で
先生~これはどうですか?
これで大丈夫?
会話もはずみ
楽しい時間になりました

お花に触れて頂き
ひと段落したころ
1人の方が
ぽつりぽつりと
あの日の出来事をお話して下さって



地震の後の津波までは30分あったの
その間に貴重品も準備していたの
でも、その瞬間には
何も持てないで逃げたわ

途中、親戚の家に寄り逃げるように伝え
少し高台の場所に避難し何人かと話を
もう一度荷物を取りに行くと
戻った人たちはみんな…

2、3日過ぎて
自分の家の場所まで行ってみたの
もう何もかもなく
全部流されて
自衛隊の方が活動に来てくれてた
すぐそばで黄色い旗が上がったの





仮設住宅の窓からは
綺麗な大きな海が見えます

2013032104.jpg

あの海に黒く小さく見えるのはね
養殖をしているのよ

私の家はあの当りだったの
ここは全部住宅だったの

一本松テレビで見たでしょう?
何千本もの松がここにはあったのよ
でも、あれだけが残ったの

ずっとずっと
1時間ぐらい
たくさんお話を聞かせてくれた
お母さん

2013032106.jpg

また会いに行きたいです

別な方からは
こんなおみやげを頂いて

2013032111.jpg

あたたかな手作り物の
気持ちを頂きました

制作して頂いた物は
本当に小さなお花たちです

2013032110.jpg

短い時間で気軽に楽しんで頂けるよう
すべて、ワイヤーをかけ
下準備を済ませ伺いました



お花は悲しみの時も嬉しい時も
その気持ちのお手伝いが出来る存在
人の「心」によりそうもの

お仕事をさせて頂きながら
理解しているつもりでいました
でも、若いころに勉強し
仕事を頂いたのも20代でした

辛い経験なども少ない時期から
私にとっては「花」があることは
当たり前のことになっていました
日常であり
体の一部のようになっている
花や色のこと

今回のご訪問では
初日は「花」というツールは無しの時間だったので
なかなか皆さんへの言葉が見つからず
何も出来ずにいました

そして、2日目には
花があるだけで
皆さんとの会話が出来たような
花を通してのおしゃべりから
あの日のことをお話し頂けることが出来たのかもしれません

フェイスブックに昨日少しだけ
被災地へ伺ったことや写真を投稿しました

その中で
コメントを頂けた方の一部をご紹介させて頂きますね

***

お花は人と人をつないでくれるんですね。
私も微力ながら何かお役にたてたら…。

***

きっときっと、なおみさんのお花で癒され、暖かくなられたと思います(^-^)素晴らしいですね~☆

***

私も人生でいちばん辛かった時期に花と歌に救われた人間です。
本当に花の力って、凄いと思いました。
花には、綺麗さ、可憐さ、元気さ、可愛さと生き生きした顔があるんですよね~
見てるだけで元気がもらえます!
被災者の方も花に触れることによって、心が癒され、花から元気をもらえたと思います!!

***

みなさんありがとうございます


仮設住宅には
食べ物は毎日移動販売が来てくれるようです
住まいの方も仮設ではない物の建設予定もあるようです
でも、あの広い大地にはまだ何もない
皆さんの日々の暮らしには
ちっちゃな楽しみがあってもいいのかな
そんな風に思いました

2年が過ぎて、大手企業の活動は終了した所も多く
活動に来る人が大きく減少したそうです
まだまだなのに
これから元気な気持ちを取り戻して行く時かもしれないのにな
そんな風に感じました



お花を体験して頂き
そこから会話がはずみ
笑顔があふれる

花が当たり前になっている私に
花は人の心を和ませることが出来るのよと
あのお母さんが教えてくれたような気がします

私に出来ることがあってよかった
これからもこんな「気持ち」が交差出来るような
小さな活動やお仕事をして行きたいと思いました

また、お母さんに会いにいかなくちゃ♪

長い文章にお付き合い頂きありがとうございました











スポンサーサイト
  1. 2013/03/23(土) 21:02:09|
  2. フラワーレッスン